定期預金の鬼~定期預金キャンペーンと金利を徹底追及~2024年2月度最新情報

定期預金の鬼トップ


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!
定期預金の鬼・定期預金の金利を比較


2024年(令和6年)2月度、最も有利な定期預金はどこか??(全国規模のネット銀行)

下記、赤い文字が定期預金金利のナンバーワン、青い文字が2番目です。全銀行から、最も有利な定期預金を比較、実際に管理人が預金をする際の目安としています。(金利は2024年2月1日付けとなります

100万円未満の高金利定期預金ランキング
300万円未満の高金利定期預金ランキング
300万円以上の、大口の定期預金金利ランキング


2月度は、先月に引き続いてトップグループのSBI新生銀行が最高金利を提示しています。100万円以下であれば久しぶりにSBJ銀行が金利を上げて同率1位クラス、それ以上の金額では引き続きオリックス銀行が2位に。政府系の商工中金が金利を大幅に上げて割り込んできて、2位3位レベルの大混戦になっている状況も相変わらず続いています。

SBI新生銀行と東京スターは、何と無リスクで、2社合計で現金4500円まで貰えるキャンペーンも実施していますので併用すべきでしょう

なお、金融機関と提携して金利10%に相当するようなキャンペーンページを用意しましたので、そちらもご利用くださいませ。(完全無リスク・東京スター銀行のキャンペーンも追加しました)

現金プレゼント・実質的にタダでお金がもらえるコーナー

※当サイトでは「ステルスマーケティング規制」に対応しております。当サイトの一部にはアフィリエイト広告を導入しており、その広告は企業からの提供を受けています事をお知らせ申し上げます。(ほとんどのページはグーグルアドセンスの広告を自動で表示しています)


100万円未満の高金利定期預金ランキング

ここでは、100万円未満の預け入れの場合に適用となる金利のうち、全国レベルで利用できる銀行の金利のベストファイブを掲載しています。

定期預金マニアの方は、地方銀行の高金利定期預金も利用しても良いでしょう。満期を迎えたのちに、手数料無料で預金を引き出す裏技もご紹介していますから、高金利を徹底的に活用することが可能です。

地方銀行まで含めた、超高金利定期預金ランキングはコチラ

ランキング 銀行名 半年 1年 3年 5年
SBI新生銀行 1.0%
(3か月)
0.4% 0.4% 0.55%
3ヶ月と1年はスタートアップ円定期預金の金利です。
3年と5年はパワーダイレクト円定期預金の金利です。
口座開設でなんと現金3000円がもらえます!!
SBJ銀行 0.35% 0.35% 0.45% 0.55%
1年物と3年物は100万円上限定期預金ミリオくん。
UI銀行 0.12% 0.35% 0.3% 0.2%
東京スター銀行 0.25% 0.25% 0.3% 0.25%
5年物以外はスターワン円定期プラスの金利です。
普通預金金利が0.25%になり、3年物以外はそれで記載。
口座開設でなんと現金1500円がもらえます!!
あおぞら銀行 0.2% 0.21% 0.25% 0.3%
注目!
東京スター銀行 1.2% 1.2% 1.2% 1.2%
auじぶん銀行 1.1% 1.1% 1.1% 1.1%

こちらは円仕組み預金(フラットタイプ)になります。仕組み預金は、当面使う見込みのないお金を、元本保証かつ極めて高金利で預け入れる事が出来ます。仕組み預金の金利をご覧になりたい方は、下記のページを参考にしてください。インフレ時代は、通常の定期預金よりも、仕組み預金のほうがメリットが大きいですね。

仕組み預金の金利完全比較ページ





★以下参考
預入金額 半年 1年 3年 5年
三菱UFJ銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.07%
みずほ銀行 0.002% 0.002% 0.025% 0.075%
ゆうちょ銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
個人向け国債 - - 0.19% 0.42%


何気に、昨今の金利上昇を受けて、個人向け国債の金利が魅力的になってきました。5年物0.42%は検討の余地ありです。1年待てば中途解約も可能になります。ちなみに10年物は0.6%にまで上昇しています(10年物国債は変動金利です)。

300万円未満の高金利定期預金ランキング(100~300万円)

比較的、資金量が豊富な人向けの定期預金については、金利アップとなったオリックス銀行がナンバーワンに返り咲きです。

ランキング 銀行名 半年 1年 3年 5年
SBI新生銀行 1.0%
(3か月)
0.4% 0.4% 0.55%
3ヶ月と1年はスタートアップ円定期預金の金利です。
3年と5年はパワーダイレクト円定期預金の金利です。
口座開設でなんと現金3000円がもらえます!!
オリックス銀行 0.1% 0.3% 0.35% 0.4%
7年物もあり、0.45%の金利です。
金利は、原則として毎月1日と毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)に定期的に見直しを行います。ただし、金融情勢などの変化により、1日と15日以外にも見直す場合があります。
UI銀行 0.12% 0.35% 0.3% 0.2%
東京スター銀行 0.25% 0.25% 0.3% 0.25%
5年物以外はスターワン円定期プラスの金利です。
普通預金金利が0.25%になり、3年物以外はそれで記載。
口座開設でなんと現金1500円がもらえます!!
SBJ銀行 0.35% 0.12% 0.15% 0.55%

300万円以上の、大口の定期預金金利ランキング

ここでは、300万円以上1000万円未満の定期預金ランキングを掲載しています。こちらも上記の結果と同様となっています。

ランキング 銀行名 半年 1年 3年 5年
SBI新生銀行 1.0%
(3か月)
0.4% 0.4% 0.55%
3ヶ月と1年はスタートアップ円定期預金の金利です。
3年と5年はパワーダイレクト円定期預金の金利です。
口座開設でなんと現金3000円がもらえます!!
オリックス銀行 0.1% 0.3% 0.35% 0.4%
7年物もあり、0.45%の金利です。
金利は、原則として毎月1日と毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)に定期的に見直しを行います。ただし、金融情勢などの変化により、1日と15日以外にも見直す場合があります。
UI銀行 0.12% 0.35% 0.3% 0.2%
東京スター銀行 0.25% 0.25% 0.3% 0.25%
5年物以外はスターワン円定期プラスの金利です。
普通預金金利が0.25%になり、3年物以外はそれで記載。
口座開設でなんと現金1500円がもらえます!!
SBJ銀行 0.35% 0.12% 0.15% 0.55%



日本地図から、地方銀行や第二地方銀行などもチェックすることが可能です

あなたがお住まいの地域をクリックして下さい。そこから、お探しの銀行の詳細解説ページにジャンプすることができます。ネット専用銀行は、東京の部分に掲載しています
  北海道
 
青森県
秋田県 岩手県
  石川県   山形県 宮城県
富山県 新潟県 福島県
  福井県 岐阜県 長野県 群馬県 栃木県 茨城県
  山口県 島根県 鳥取県 兵庫県 京都府 滋賀県 山梨県 埼玉県
長崎県 佐賀県 福岡県   広島県 岡山県 大阪府 奈良県 三重県 愛知県 静岡県 神奈川県 東京都 千葉県
熊本県 大分県   和歌山県    
  宮崎県   愛媛県 香川県  
高知県 徳島県
鹿児島県  
沖縄県  

定期預金の預け方・基本中のキホン

欲張りなほど、高い金利の定期預金を徹底利用しよう!


皆さん、漫然と、定期預金をしていませんか? 管理人も以前はメインバンクとして住信SBIネット銀行を使用、定期預金も金利が良い時に何度か預け入れしていました。

ですが、住信SBIも常に金利が良いとは限りません。預け入れ金額によっては、さまざまな銀行がナンバー1の金利を実現しています。という事は、そのような金利で預金するのが、最も得策だという事になります。当然管理人は、そういった銀行の口座を開いて、そこに定期預金をしています。

色々な口座を開くと、「口座の管理が大変だ」という方もいらっしゃるでしょう。でも、何のために金利の高い所を探しているのか?という事です。この低金利の時代に、めんどくさがっていたら、いつまでたっても貯蓄なんて、増えやしません

定期預金口座の管理


低金利の今は金利の高い金融機関に、問答無用で口座を開いて預け入れるのが鉄則です。それと、複数の金融機関に定期預金を預け入れておくと、お金を引き出すのが面倒になるという、面白い現象も起きます。( 笑 )

つまり、お金を減らしてしまう誘惑を、自動的にシャットアウトできるんですね。定期預金に手を付けなくても済む。ネットバンクを使うと、つい便利なので、定期預金の解約をしてしまったりしますから、そのメリットは、案外大きいものがあります。

・・・という事でまとめますと、定期預金は、預け入れようと思った時点で、常にその時に最も高い金利を提示している金融機関を選ぶ。という事になります。貪欲に定期預金を活用して、しっかりと将来の資産を築き上げていきましょう!



定期預金を小分けにして、分散して預け入れることも大事


定期預金のメリットは、普通預金に比べて高い金利で預け入れが出来る点です。超低金利の現状を考えると、少しでも高い金利の付いた定期預金に預けたくなるものです。

ですが、定期預金の最大のデメリットも忘れてはいけません。長期間、大切な資金が銀行口座に固定されるのがデメリットです。もちろん中途解約して資金を引き揚げる事が出来るのですが、基本的に普通預金同様に、低い金利になってしまう事が多いでしょう。

そのような事を考えると、多額の定期預金を一度にポンと作るのではなくて、小分けして複数の定期預金として預け入れる方法もお勧めです。

例えば、今みたいにインフレ傾向のある値上げの世の中になってきた場合は、通常の定期預金だけではなく、インフレに連動して金利がステップアップするタイプの仕組み預金も含めて、検討することが大切だと考えます。

なおリスク分散の意味で、銀行自体を複数行に分けて、倒産リスクを減らす事も重要です。過去に絶対安心と言われていた多くの銀行が倒産していますからね。元本と利子の合計が1000万円を超えたら、ただちに別の銀行口座を利用しましょう。