新潟鉄道信用組合・・・新潟地区の鉄道員だけが利用できる金融機関

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>新潟鉄道信用組合


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

新潟鉄道信用組合・・・現在はシニア層向けの金利2.5%の定期預金が目を引く程度


新潟地区のJR東日本、JR貨物の関係者だけが利用できる信用金庫

新潟鉄道信用組合は、JR東日本新潟支社とJR貨物新潟支店及びグループ会社に勤務していて、組合の営業エリアでに勤務する人とその家族が対象の金融機関です。

新潟鉄道信用組合とは


平成28年に「設立50周年記念」として金利年0.5%の驚愕の定期預金の募集がありましたが、現在は金利2.5%のセカンドライフ応援定期預金(3ケ月もの)が目玉 となっているくらいです。

新潟鉄道信用組合の創立50周年記念定期預金


新潟鉄道信用組合のホームページに詳細は記載されていませんが、後述する「セカンドライフ応援定期預金」の受け皿として、以下が設定されているようです。セカンドライフ応援定期預金は1年で満期が来てしまいますので、それ以降は以下の定期預金を利用すると良いでしょう。

退職金ゆとり定期預金・・・金利0.165%~0.175%(期間は1年から5年)
くらしイキイキ年金預金・・・金利0.5%


現役で働いている人向けとしては、スーパー定期預金の金利が0.015%~0.025%となり、これ以外に 「たまーる君」なる定期預金があり、1年~3年物で0.065%の金利となるようです。こちらは低金利にとどまっていますので、高金利のSBJ銀行あおぞら銀行にしたほうが良いですね。


新潟鉄道信用組合の公式HP


「セカンドライフ応援定期預金」の提供を開始・・・金利2.5%の退職金専用定期預金

3か月限定ですが、今どきあり得ないほどの驚愕な金利の退職金専用定期預金の取り扱いが、いよいよ始まりましたのでお伝えしましょう。

退職金専用・セカンドライフ応援定期預金

金利:店頭金利+年2.50%
対象:退職金受取から1年以内の出資組合員
預入金額:100万円以上1円単位(退職金受取額の範囲内)
期間:3ケ月
満期後の金利:「スーパー定期預金」の店頭金利が適用
その他:「退職金受取口座の通帳」または退職金受取を確認できる資料


この、年利2.50%は驚愕です。一瞬「融資の利率??」と勘違いしてしまいそうなほどの、あり得ない高金利の定期預金となります。

1000万円の退職金を預け入れた場合の受取利息は6万2506円(税引前)にもなり、税引き後でも4万9808円になります。たとえ3ケ月でも、受取利息の凄さに驚きます。上記の画像に書いてある「長い間のご利用に感謝申し上げ、優遇金利でお預かりします。」の通りの定期預金で、素晴らしいの一言に尽きます。

金融機関にとって、退職金を優遇金利にする理由は、満期後に資産運用商品(リスク商品)を販売して、手数料を高く受け取りたいからです。(ボッタクリ金融商品を勧めてくる)

新潟鉄道信用組合の場合は、ホームページで確認する限りでは、リスク商品の取扱はしていないようなので、文字通り「長い間、JR東日本新潟支社、JR貨物新潟支店等で働いてくれてありがとう」の感謝定期預金と言えます。

しかもこれに続く「くらしイキイキ年金預金」という年金受給者を対象としている定期預金の取扱もあり、概要までは掲載されていませんが、金利は年0.70%と、これまた驚愕の高金利の定期預金となっています。新潟鉄道信用組合を活用出来る人は、無条件で預入をすることをおすすめします。

銀行のビジネスモデルは、預金と融資の利率の差で利ざやを稼ぐのが基本となり、預金金利が極限まで低く抑えられる現状の中、これほど素晴らしい定期預金が実際にあることを全国の金融機関も見習って欲しいくらい、衝撃な定期預金です。

新潟の他の地方銀行、 第四銀行北越銀行に比べると比較にならないくらい有利ですから、じゅうぶんに預け入れの検討の余地があります。

振込手数料が必ずかかる点には要注意

新潟鉄道信用組合は、振込手数料がかなり高額な点には気を付ける必要があります。下記のようなコストがかかりますので、下手に振り込みなどしてしまうと、せっかく受け取った定期預金キャンペーンの利息が吹き飛びます。定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技も、新潟鉄道信用組合には使うことができません。

新潟鉄道信用組合の振込手数料


幸いにしてキャッシュカードは、ゆうちょ銀行以外のATMを利用した時の出金手数料が実質、完全無料化されています。(利用時にはお金を取られるが、後日その分を全額、キャッシュバックしてくれる仕組みです)。

という事はコンビニ(例えばセブン銀行)のATMで50万円を引き出して、同じATMを使ってただちにSBJ銀行住信SBIネット銀行のような、振込手数料が無料になる銀行に入金してしまえば、安全性に関しても特に問題は無いでしょう。

ただでさえ金利が猛烈に低くなって利息の少ないご時世です。上手に複数の銀行を使い分けて、くれぐれも余計な手数料を支払う事の無いようにしたいですね。