和歌山県医師信用組合の、驚愕の1%金利の定期預金

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>和歌山県医師信用組合


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

和歌山県医師信用組合ではなんと、今どきあり得ない1%の定期預金がスタート


和歌山県医師信用組合は、医師会に所属している人だけの金融機関

和歌山県の医師会の会員しか組合員になれない特殊な信用金庫が、和歌山県医師信用組合です。そしてその特別定期預金が、凄いです。何と金利が1%と、驚愕です。今どき、あり得ません。

和歌山県医師信用組合


きのくに信用金庫あたりでみみっちく、1000円のクオカードをもらって喜んでいるのが、恥ずかしくなりますね・笑。


和歌山県医師信用組合のホームページ






和歌山県医師信用組合の「特別定期預金」の概要


金利1.00%(税引前)
申込対象者:平成27年4月1日以降、新規に組合に加入した先生、配偶者、法人
 (1口1000円で、10口以上の出資金が必要です)

預入期間:1年(自動継続) 満期後は店頭表示金利
預入金額:10万円以上300万円まで(10万円単位)
その他:組合加入日より6ヶ月以内1回のみ(新規資金)

和歌山県医師信用組合の特別定期預金



和歌山県医師信用組合の「特別定期預金」で受け取れる実際の金利


さてでは、和歌山県医師信用組合とゆうちょ銀行に、期間1年でお金を預け入れた場合の実際の受取利息を、比較してみましょう。


(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 和歌山県医師信用組合 ゆうちょ銀行
50万円 5000円
(3984円)
50円
(39円)
100万円 10000円
(7968円)
100円
(79円)
300万円 30000円
(23905円)
300円
(239円)


同じ金額を預入た場合の利息の差が、歴然としますね。桁が違います。上限300万円を預入た場合、1年後に受け取れる利息が3万円と300円では雲泥の差となります。もっとも、高額の給料を受け取っている医師の方が、この差に納得するかどうかは別ですけどね。庶民としては羨ましい。

和歌山県医師信用組合の定期預金に関してのまとめ

和歌山県医師信用組合の重点事項・具体的目標として掲げられているのが、この文章です。

新規開業支援の積極的取組み及び組合員先生方の設備投資等に対して、金融面よりサポートしていくことを重点方針として推進してまいります。

開業資金で必要な金額は、クリニックの場合1000万円~1億円以上、歯科医では2000万円~2億円と言われています。医療関係の開業や医療機器は高額になりますから、いずれ融資を受ける先生方も多く、金額も高額の融資を受ける可能性が高いので、新規組合員に対して特別定期預金が優遇されているのだと考えます

創立は昭和39年、平成27年3月末現在の自己資本比率は15.27%、国内基準を大きく上回っています。和歌山県医師信用組合の定期預金は、全国対応はもちろんしておらず残念ではありますね。

マイナス金利導入後、軒並み全国の金融機関は金利引き下げを実施しているのが当たり前の中、特殊な事例ではありますが、驚愕の1%の金利を提示している金融機関があることを知り、気持が明るくなりました。