横浜銀行の定期預金をはじめとする、預貯金関連サービスの確認

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>横浜銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

横浜銀行に使える預貯金関連サービスが有るのか、徹底チェック


店頭金利については全く利用価値は無いので、あくまでキャンペーンを使おう

横浜銀行の定期預金金利も、大半の銀行と同様、極めて低い状態です。一応数字にはなっていますが、このレベルではほとんど数字のお遊び状態です。このような状態で預け入れしていても、全くと言ってよいほど増えませんから、預け入れ先の再検討をすべきだと考えます。

横浜銀行のキャンペーン


横浜銀行の場合、インターネットバンキングでも、下記同様の金利が適用されます。これでは明らかに、横浜銀行の定期預金には利用価値がないと評価できます。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
300万円以上 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%


現状ではほとんど横浜銀行を使う価値は無い状態ですから、現在ならば、常に極めて高金利なSBJ銀行あおぞら銀行、あるいはこの地域だったらハナ信用組合横浜幸銀信用組合あたりを利用すると良いでしょう。

このページでは、そんな横浜銀行が現在実施中のキャンペーンについて取り上げ、その中身を評価しています。一般の人にとって利用価値が有るのか無いのかを判断していますので、以下の項目の興味関心が有る部分をご覧ください。

新生活応援キャンペーンで、最高1万円をゲットするチャンス
横浜銀行の相続定期預金プラン募集がスタート・年1.0%だが3か月間
「年金を受け取って北海道へ行こう!」キャンペーンは特に魅力なし
「資産運用パッケージ」の高金利にも、騙されてはいけない
安易な気持ちでローン(キャッシング)に手を出してはいけない
その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

横浜銀行の公式HP



新生活応援キャンペーンで、最高1万円をゲットするチャンス

新生活応援キャンペーンとして、横浜銀行では3つの条件をクリアした人全員に、最高1万円をプレゼント中です。 横浜銀行をメインバンクに考えている人は、今がチャンスです。

新生活応援キャンペーン


3つの取引条件を新規で満たした人全員に、1000万円を山分けしています。条件として、以下の3つの契約が必要です。(1人のプレゼント上限額は1万円です。新規で普通預金口座を開設した18歳以上が対象です。)

①横浜バンクカードの契約
②Web口座の契約
③給与振り込みの指定


新生活応援キャンペーンの条件


条件の1つである「給与振込の指定」にするという事は、横浜銀行をメインバンクにする事を意味しますか。店舗が近くにある人や、横浜銀行のATMが生活区域にある人は、検討しても良いでしょう。

また、横浜バンクカードはキャッシュカードとクレジットカード、デビットカードの機能があり、年会費も無料なのが魅力です。しかし、くれぐれもキャッシングやお買い物のしすぎには注意してください。

今年、新社会人になる人は、初めてキャッシュカードを作る人もいると思いますが、カード払いは現金で支払うよりも、現金が減る感覚が薄くなります。つい買い物をし過ぎて、後日引き落とされる金額に唖然としないよう、注意が必要です。



横浜銀行の相続定期預金プラン募集がスタート・年1.0%だが3か月間

横浜銀行の相続定期預金プランの募集がスタートしました。金利は年1.0%となり、一見すると高金利です。ただし、期間が3ケ月と短く、どの程度の利息が受け取れるのかは確認しておきましょう




金利年1.0%
・預入期間:3ケ月
預入金額:50万円以上、相続により受け取れる金額まで
対象:相続により資産を受けた人
条件:相続手続き完了日、相続財産受取日のいずれかの日から1年以内
募集期間:2019年9月30日



実際に、預け入れ金額ごとに受け取ることのできる利息を計算してみたのが、下記の表になります。カッコ内は税引き後の数字になります。

預入金額 利息
100万円 2500円(1992円)
300万円 7500円(5976円)
500万円 12500円(9960円)
800万円 20000円(15936円)
1000万円 25000円(19921円)
2000万円 50000円(39842円)


上記の試算表を見ていただくと分かるように、3ケ月の短期間でも、1.0%の高い金利だと、1000万円の預け入れをした場合では25000円(税引前)もの利息が貰えてしまいます。

ただ、問題は満期後の資金をどうするかです。恐らく、ほぼ確実に満期後は資産運用プランなどを通じた資産運用を勧められるでしょう。しかし、銀行の資産運用プランには、手数料が高すぎて、かつ素人をカモにしたような商品ばかりなのが現状です。

窓口が勧めてくる金融商品が自分に有利な商品なのかが分からない人は、当サイトのお金に関するQ&Aにて、気軽にご雑談ください。金融商品が大好きで、金融機関と何の関係もない管理人が、無料で回答いたします。
https://bank-deposits.net/chokin-qa.html


談するのは、少し気が引けるという人は、満期後は金利の高い銀行へ預け替えをするのがベストです。全国対応の定期預金の金利をランキングしているので、参考にしてください。

「年金を受け取って北海道へ行こう!」キャンペーンは特に魅力なし

「年金を受け取って北海道へ行こう!」は、新たに公的年金の受け取りを横浜銀行に指定にすると、北海道宿泊券20000円分が抽選でプレゼントされるキャンペーンです。

対象は、2018年10月から12月に横浜銀行へ公的年金の入金がなく、2019年4月または6月支給の公的年金が横浜銀行の口座に入金となった人で、普通預金の残高が10万円以上の人 です。

年金を受け取って北海道へ行こう!キャンペーン


公的年金を横浜銀行での受取口座にすることで、抽選で30人に、北海道宿泊券2万円分がプレゼントされる企画です。正直、年金の受取口座にするとメインバンクなるのが普通です。

抽選でたった30人に北海道宿泊券がプレゼントされるだけなので、確率はかなり低いと思われ、横浜銀行は年金受給者への優遇定期預金も今は無いので、積極的に活用するようなものではありません。

「資産運用パッケージ」の高金利にも、騙されてはいけない

最初の3か月しか有利な金利が継続しないという意味で、上記で説明したのと全く同じ格好になっている実例が、下記の資産運用パッケージです。このような定期預金と資産運用を抱き合わせた商品には、決して釣られてはいけません。

横浜銀行の資産運用パッケージ


簡単に言うと、受け取れる利息よりも、遥かに多額の手数料を銀行に支払う必要がある点が、大問題です

資産運用の場合、失敗すると多額の損失を被る可能性が高いです。資産運用は、簡単に儲かるような事はなくて、しっかりした勉強が必要になります。リスクを取りたくない人ならば、当サイトで紹介している銀行を、上手に利用して手堅く利息を受け取るべきだと思います。

安易な気持ちでローン(キャッシング)に手を出してはいけない

チマチマと利息を受け取るよりも、手っ取り早くローン(キャッシング)を使って、お金を借りたいと思っている人も多いかと思います。しかし、銀行から1度でもお金を借りると、借金による利息の返済が際限なく続き、生活が楽になる事は決してありません。

横浜銀行の、ローン・キャッシング商品


http://www.boy.co.jp/kojin/loan/multi/miniloan/simulation.htmlのページに返済シミュレーション結果の一覧があり、手ごろな返済額を提示していますが、驚くくらいの利息を払い続ける必要がある事は、お分かりになると思います。


なお、横浜銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してください。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切りますので・笑。

その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

神奈川県の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、当サイトTOPページより高金利の銀行をお選びください

金融機関 半年 1年 3年 5年
横浜銀行 0.04% 0.01% 0.01% 0.01%
神奈川銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
かながわ信用金庫
0.01% 0.01% 0.2% 0.3%
キャンペーンバナー
横浜幸銀信用組合
0.025% 0.35%
0.5%(※)
0.325% 0.35%
※300万円以上の預け入れ(メールオーダー定期預金)

上記のほか、横浜エリアであればハナ信用組合の高金利定期預金が利用可能です。