横浜銀行の定期預金をはじめとする、預貯金関連サービスの確認

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>横浜銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

横浜銀行に使える預貯金関連サービスが有るのか、徹底チェック


店頭金利については全く利用価値は無いので、あくまでキャンペーンを使おう

横浜銀行の定期預金金利も、大半の銀行と同様、極めて低い状態です。一応数字にはなっていますが、このレベルではほとんど数字のお遊び状態です。このような状態で預け入れしていても、全くと言ってよいほど増えませんから、預け入れ先の再検討をすべきだと考えます。

横浜銀行のキャンペーン


横浜銀行の場合、インターネットバンキングでも、下記同様の金利が適用されます。これでは明らかに、横浜銀行の定期預金には利用価値がないと評価できます。

預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
300万円以上 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%


現状ではほとんど横浜銀行を使う価値は無い状態ですから、現在ならば、常に極めて高金利なSBJ銀行あおぞら銀行、あるいはこの地域だったらハナ信用組合横浜幸銀信用組合あたりを利用すると良いでしょう。

このページでは、そんな横浜銀行が現在実施中のキャンペーンについて取り上げ、その中身を評価しています。一般の人にとって利用価値が有るのか無いのかを判断していますので、以下の項目の興味関心が有る部分をご覧ください。

給与振込口座指定キャンペーンでアマゾンギフト5000円分をゲットできる可能性
横浜銀行の相続定期預金プラン・年0.5%だが3か月間
「退職金専用プラン」にはご注意ください
その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

横浜銀行の公式HP



給与振込口座指定キャンペーンでアマゾンギフト5000円分をゲットできる可能性

普通預金口座を給与振込口座に指定のうえ、以下の取引条件1~3を満たすと、抽選で1,000名にAmazonギフト券5,000円分がプレゼントされるキャンペーンです。

(1)2021年5月31日までに本キャンペーンにエントリーした人
(2)横浜銀行の普通預金口座を給与振込口座に指定した人
(3)給与受取に指定した口座の入出金明細等の情報に「給料」「給与」「賞与」「キユウリヨウ」「キユウヨ」「キウヨ」「シヨウヨ」と記載のある50,000円以上の入金が、2021年7月30日までに1回以上ある人


給与振込口座指定キャンペーン



対象は、給与受取のある個人限定となります(個人事業主の方は除く)。キャンペーン期間は2021年5月31日までとなります。横浜銀行の利用を検討している人は、キャンペーン期間中に応募するとお得になります。

ただし、横浜銀行の場合、高金利の定期預金のキャンペーンのほとんどが3ケ月程度の短期であり、使い勝手は良くないので、定期預金でお金を増やしたいと考えている人は、別の高金利の銀行も活用した方が良いでしょう。

横浜銀行の相続定期預金プラン・年0.5%だが3か月間

横浜銀行の相続定期預金プランの金利は年0.5%となり、一見すると高金利です。ただし、期間が3ケ月と短く、どの程度の利息が受け取れるのかは確認しておきましょう。

横浜銀行の相続定期預金プラン


金利年0.5%
・預入期間:3ケ月
預入金額:50万円以上、相続により受け取れる金額まで(上限3000万円)
対象:相続により資産を受けた人
条件:相続手続き完了日、相続財産受取日のいずれかの日から1年以内
募集期間:2021年6月30日まで
満期後の金利:店頭表示金利(0.002%)が適用


実際に、預け入れ金額ごとに受け取ることのできる利息を計算してみたのが、下記の表になります。カッコ内は税引き後の数字になります。

預入金額 利息
100万円 1250円(996円)
300万円 3750円(2988円)
500万円 6250円(4980円)
800万円 10000円(7969円)
1000万円 12500円(9961円)
2000万円 25000円(19921円)


上記の試算表を見ていただくと分かるように、3ケ月の短期間でも、0.5%の高い金利だと、1000万円の預け入れをした場合では12500円(税引前)もの利息が貰えてしまいます。

ただ、問題は満期後の資金をどうするかです。恐らく、ほぼ確実に満期後は資産運用プランなどを通じた資産運用を勧められるでしょう。

しかし、銀行の資産運用プランには、手数料が高すぎて、かつ素人をカモにしたような商品ばかりなのが現状です。満期後は金利の高い銀行へ預け替えをするのがベストです。全国対応の定期預金の金利をランキングしているので、参考にしてください。

「退職金専用プラン」にはご注意ください

横浜銀行の退職金プランは、感心しません。投資信託・外貨預金の抱き合わせプランの場合、初回の3ケ月は 6.0%と驚異的な金利となっています。

しかし投資信託等の抱き合わせプランなど活用してしまうと、高い手数料をとられ、元本割れのリスクも引き受けることになりますから、簡単に手を出す商品ではありません。なけなしの退職金が一発で消え去るリスクもありますから、極めて要注意です。

横浜銀行の退職金プラン


金利は、投資信託コースと外貨預金コースが初回特別金利として3か月物が年率換算で6.0%、クラブアンカーコース(後述)が同じく年0.1%となります。

対象:退職金受取後、2年以内である個人
預入金額:50万円以上
預入期間:3か月
募集期間:2021年3月31日まで

横浜銀行のクラブアンカー


クラブアンカーコースを選んだ場合、100%定期預金なので元本割れありません。しかし、0.1%では高金利とまでは言えませんから、活用する必要も無いでしょう。

クラブアンカーには、55歳以上の人を対象に、無料で利用できる2つのサービスがあります。いずれも全く大した事の無いサービスなので、金利目当ての人は横浜銀行以外の金融機関を探したほうが、はるかに身のためです。

その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

神奈川県の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、当サイトTOPページより高金利の銀行をお選びください

金融機関 半年 1年 3年 5年
横浜銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
神奈川銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
かながわ信用金庫 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
キャンペーンバナー
横浜幸銀信用組合
0.025% 0.3%
0.4%(※)
0.325% 0.35%
※300万円以上の預け入れはメールオーダー定期預金・つばさ

上記のほか、横浜エリアであればハナ信用組合の高金利定期預金が利用可能です。