大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店「夢プレミアム」は凄い

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>大阪シティ信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

まず、大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店「夢プレミアム」に注目


夢ふくらむ支店「夢プレミアム」の、上乗せ金利0.35%は凄い

大阪シティ信用金庫には、定期預金専門の支店があります。それが「夢ふくらむ支店」です。この支店は店舗を持たず、通常の窓口対応を電話で完結できるので、日本全国から利用が可能です。店舗を持たない、通帳の発行はしない等の経費削減により、店頭では取扱わないお得な定期預金が用意されています。

今回注目したいのが、「夢プレミアム」です。驚く事に店頭金利の上乗せが0.35%! 信じられず、三回見直してしまいました・笑。全国から利用できるとあるので、意気込んで見ていきましよう。

夢ふくらむ支店「夢プレミアム」定期預金


●大阪シティ信用金庫の、通常の「店頭金利」
預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.025% 0.025% 0.025% 0.025%
                     
●大阪シティ信用金庫夢ふくらむ支店の、「夢プレミアム」適用金利
預入金額 半年 1年 3年 5年
300万円未満 0.025% 0.375% 0.025% 0.025%
300万円以上 0.025% 0.375% 0.025% 0.025%


1年ものだけが高金利になる訳ですが、1年経過後の継続も、0.35%上乗せで自動継続になります。これは非常にメリットが高いので、見逃さないようにしましょう。


大阪シティ信用金庫「夢プレミアム定期預金」の公式案内PDF



「夢プレミアム」で預金したら、どれだけの利息がもらえるのか?

今回のキャンペーンを利用すると、1年後の満期時点で、どの程度の利息を受け取る事が出来るのでしょうか? 預金額100万円からで計算をしてみましたので、参考にしてみてください。比較として、通常の店頭金利での受け取り利息も掲載しておきました。金利の力を、思い知るでしょう。

大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店「夢プレミアム」定期預金


(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 1年の受け取り利息 通常の金利の場合
100万円 3750円(2988円) 250円(199円)
300万円 11250円(8964円) 750円(597円)
500万円 18750円(14940円) 1250円(996円)


口座開設しようと、資料請求してみました(全国から申し込み可能です


はい、上記の金利があまりにも魅力的なので、資料請求してみました。数日で資料が送られてきて、非常に良いお仕事をする信用金庫さんだなと思いました。(2016年の年初時点の金利の時に、資料請求をしていますので、現在とは数字が異なります)

大阪シティ信用金庫、夢ふくらむ支店の資料請求

大阪シティ信用金庫、夢ふくらむ支店の資料請求

夢ふくらむ支店「夢プレミアム」定期預金の概要

夢プレミアム定期預金の対象者の条件


この定期預金の対象は、日本国内に住所がある、満20歳以上の個人になります。預入金額は一口100万円以上、1,000万円以下なので預金保険制度の対象になります。最低預入金額が100万円以上なのは、他の金融機関と比べる高く感じます。

スーパー定期預金1年ものの店頭金利は0.025%と低水準ですが、これに上乗せされるのが0.35%ですから、0.375%で預入ができます。全国でも0.375%の定期預金の金利を提示している金融機関はほとんどありませんから、素晴らしいといえます。


夢プレミアム定期預金を預け入れるまでの3つのステップ


【ステップ1】 大阪シティ信用金庫のページより、資料の申込をしてください。

【ステップ2】 
大阪シティ信用金庫から口座開設関連資料が送られてきますので、下記の①~④を返送します。

①夢ふくらむ支店の口座開設書
②本人確認のための書類
(運転免許証、健康保険証、パスポートなどのコピー又は住民票の原本)
③反社会的勢力でないことの表明・確約書
④「宝くじつき定期預金」商品内容確認書
(「宝くじつき定期預金」を申込予定の人のみ)

【ステップ3】
ステップ2で送った書類が先方に到着後、金額0円で普通預金の口座が開設されます。その後「キャッシュカード」「お客様カード」が、簡易書留郵便で自宅に届けられます(下記)。




定期預金の預け入れはどのようにするのか?


はじめに、普通預金口座にお金を入金します。入金の方法は下記の2通りで、この手順で預け入れると、定期預金が完了します。

【方法1】
夢ふくらむ支店のキャッシュカードを利用し、定期預金申し込み金額を、大阪シティ信用金庫のATMか提携金融機関のATMにて入金

【方法2】
他の金融機関から、夢ふくらむ支店の普通預金口座へ振り込み


【ここでの大事なポイント】

「夢プレミアム」定期預金の最低預入金額は、100万円です。ATMを使って現金で入金するのは、抵抗がありませんか? ATMは通常1回の取引が99万円までになりますから最低でも2回に分けて入金する必要もあります。

なにより、多額の現金を持ち歩いてATMまで出かける事に抵抗を感じます。そこで方法2の、他の金融機関からの振り込みで、賢くに資金を移動させましよう。ここでのポイントは、振込する際の手数料です。住信SBIネット銀行を使えば、振込手数料無料で入金が完了できます。

普通預金口座への入金後、電話で定期預金の種類等を指定します。ここを忘れると定期預金にはならないので、注意してください。


基本的に中途解約はできないので、注意


注意点として、「夢プレミアム」定期預金は原則中途解約ができないと記述されていますから、1年は使わないお金で預金してください、ということになります。



満期後はどうするのか、その対応策をご説明します

「夢プレミアム」は期間1年、元金自動継続式の定期預金です。満期が到来した後、いずれか2つの選択をすることになりますので、その点をご説明しますね。


払い戻しを希望しない場合


そのまま元金は自動継続されます。満期の際も、大阪シティ信用金庫の夢プレミアム定期預金の金利が良ければ、自動継続でOKです。


払い戻しの希望がある場合・・・ここはしっかりご覧下さい


解約の希望を、電話で連絡します。そして素晴らしいのが、解約金に関しては、本人名義のどこの金融機関であっても、無料で振り込みをしてくれます。本当に素晴らしい!

ただし、解約金は無料で振り込みしてくれますが、利息に関しては普通預金に入金されます。となると、利息をどう引き出すのかが問題になります

この利息は、ATMで引き出すことになります。まず、ATMで引き出すために、利息を千円単位にしておく必要があります。これを解決するのも、上述した住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行から、差額を振り込みで入金するのです。(もちろ振込手数料は無料)

例)利息が3,386円の時、614円を振込 ⇒ 4,000円になる


これで、千円単位になりました。次に、ATMから引き出します。大阪シティ信用金庫のATMを使える人、つまり地元の人は、下記を参照してください。ATM手数料無料の時間に、出金します。

大阪シティ信用金庫での入出金手数料は無料ですが、平日8:00~21:00までと、時間制限がありますから、残業で遅くなる時はATMの利用は無理ですね。苦笑。




全国の人の場合、セブン銀行ATMの場合は、入出金共に、毎回108円の手数料が取られます。ゆうちょ銀行で利用する場合も、108円~216円の手数料になります。これは、大問題です




というか、大阪周辺の人しかATM手数料が無料にならないとしたら、夢プレミアム定期預金のキャンペーンの魅力が減ってしまいますよね。この問題に対して、解決策を示したのが、次の項になりますので、続けてお読み下さい。

一切の手数料を支払わずに、大阪シティ信用金庫から資金を引き上げる裏技を2つ

裏技その1


しんきんATMゼロネットサービスしんきんゼロネットサービスに加入している信用金庫のATMを利用すれば、無料となります。

しんきんゼロネットサービスとは、北海道から沖縄まで、47都道府県に設置されている信用金庫のATMです。これらの信用金庫を使えば、入出金手数料が無料で利用できます。

サービス時間は平日8:45~18:00入出金、土曜9:00~14:00の出金となり、時間外や日曜・祝日は手数料がかかります(地域やATMにより無料で利用できない場合有り)。一応これで、手数料を一切かけずに高金利の定期預金を運用できます。


裏技その2(こちらが本命か)


裏技1の方法でも良いのですが、いちいちATMまで出向くのも面倒ですし、だいたい近所に信用金庫なんて無いぞ、という人は、どうすればよいのでしょうか?

答えは、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使う事です。こうすれば、無料で資金移動が可能です。

ただしこの裏技は、自分名義の口座だけにしか対応できませんので、他人名義の口座にお金を振り込むときは、上記の技を使ってまずは手数料無料の銀行にお金を移し、そこからさらに、他の人へ振込みを実行するようにしましょう。

振込手数料無料の銀行は、住信SBIネット銀行を活用すると良いでしょう。こうすることで、庶民に取って大敵である、振込手数料を完全無料にすることが可能です

期間限定キャンペーンの定期預金&定期積金もチェック


2017年4月28日まで、「春一番定期預金」を受付中

2013年11月5日に大阪東信用金庫と大福信用金庫が合併し大阪シティ信用金庫が発足され合併3周年を記念した定期預金と定期積金の募集をしています。

大阪シティ信用金庫の春一番定期預金


春一番定期預金の概要


金利:1年物年0.25%、3年物年0.30%
対象:個人、個人事業主、法人(法人は1年物のみ)
預入金額:1口10万円以上1,000万円未満
募集総額:900億円
募集期間:平成29年2月1日~平成29年4月28日
継続後の取扱い:「スーパー定期」の店頭金利 (29年2月現在の店頭金利は0.010%)


お近くに店舗が有る人向けの定期預金ですが、1年で0.375%の「夢プレムアム」のほうが魅力的ですね。ただし、1年物は夢プレミアムにして、3年物を春一番に両方預け入れるというのも良いと思います。大阪シティ信用金庫が近所の人は、かなりメリット大です。

積み立て定期にしたい人は、「ハートフル定期積金」が有利

こちらは1年物は12回、3年物で36回の積立定期預金となります。金利は高いとまでは行かないものの、ゆうちょ銀行やメガバンクの0.01%比較すると12倍から15倍になります。知名度だけで、お金を預け入れては行けないことを痛感しますね。

大阪シティ信用金庫のハートフル定期積金


合併3週年記念定期「積金」の概要


金利年0.12%
預入期間:3年(36回)
預入金額:毎月1万円以上10万円以内
募集期間:平成29年3月10日迄まで

大阪府の「大阪ハートフル基金」の趣旨に賛同する場合、定期積金総額の0.025%相当額を大阪府に寄付します。寄付金は「障害者の働く機会を積極的に広げ、障害者が働きやすい職場づくりをすすめる事業主を応援する大阪府の事業に使用される」との事です。預金者の負担はありません。

前回までの「合併3周年記念定期積金」の、1年もの年0.12%と3年もの年0.15%より金利は下がり、残念です。しかし積立定期預金で年0.12%の金利は、全国的にみれば高利に位置します。

そして一部が社会貢献できる取り組みは、価値があるのではないでしょうか? 大阪を営業区域としている金融機関は基金付定期預金の取扱を積極的に行っており、比較的高い金利を提示し、預金者側のメリットも高く、他の都道府県も見習って欲しいところです。

大阪シティ信用金庫って、どんな金融機関?

昭和2年11月:大阪市昭和信用組合設立
昭和21年1月:大阪市昭和信用組合と大阪市商店会連盟信用組合が合併し大阪市民信用組合を設立
昭和40年12月:日本銀行と当座取引を開始
昭和41年7月:日本銀行歳入代理店の指定金庫となる
平成9年11月:旧大阪中央信用金庫と合併
平成20年3月:夢ふくらむ支店開設(テレフォンダイレクト支店 大阪市中央区北浜2-5-4)
平成25年11月:大阪東信用金庫、大阪?信用金庫と合併し大阪シティ信用金庫に改称


大阪府内の「メーンバンク調査」平成26年によると、大阪シティ信用金庫の融資先企業の数は、メガバンクのみずほ銀行を差し置いて、第5位なんですね!(帝国データバンクの大阪支社のまとめ大阪府内99,836社を対象)

大阪の融資先企業の数のランキング



大阪シティ信用金庫独自の「お客様アンケート調査」


大阪シティ信用金庫では、2015年に「お客様アンケート調査」を実施しており(回答数1901)、店舗・窓口について、大阪シティ信用金庫について、職員について、他の金融機関と比較しての評価を5点満点で採点しています。4点以上の評価はがついたものは、

・店舗の清潔感、整理整頓状況:4.2
・店内の雰囲気:4.2
・経営の健全性・確実性:4.0
・職員のあいさつ・言葉遣い・身だしなみ:4.4
・お客様の質問や相談を親身に聞く姿勢:4.3
・電話の応対:4.2
・商品内容などの説明の分かりやすさ・丁寧さ4.2
・借入申込や相談に対する対応の迅速さ4.0
・職員の接客態度・親しみやすさ4.3
・ご意見やご要望への対応4.1


となっており、逆に低めな評価は、「利用しやすい融資商品の提供:3.5」となっています。私が一番気になったのが、「魅力ある預金商品の充実度について」です。

結果は、満足⇒17%、まあ満足⇒34%、普通⇒45.2%、やや不満⇒5.9%、不満⇒1.5%、全体の評価として、3.6に留まっています。

回答している42.7%以上が60歳以上のシニアの人たちという事が関係しているのかしていないのか定かではありませんが、全国的に見ても高金利と思われる定期預金などに、それほど魅力を感じないのか不思議でなりません。

地域的に、他の金融機関との競争で高利な定期預金を打ち出している地域ですから、「あたりまえ感」もあるのかもしれませんね。独自のアンケートではありますが、そもそも「お客様アンケート」を実施すること自体を、評価したいです。

アンケートで顧客の要望や不満を把握することは、今後の経営改善につながり、発展していく足がかりになります。 アンケートの中には耳障りなことを記載されている場合もあり、弱腰の会社はアンケートすら実施しませんからね。何度か電話をしていますが、電話の対応も親切で好感が持てます。



大阪シティ信用金庫の定期預金まとめ


大阪シティ信用金庫の定期預金専門支店「夢ふくらむ支店」の定期預金の種類は、「夢プレミアム」「夢ジャンボ」の2種類です。今回注目した「夢プレミアム」は、店頭金利+上乗せ0.4%。これを7年前から変わらずに続けていると言うから驚きです

高金利にできるのは、店舗を持たず、普通預金の通帳は発行しない等の、徹底した経費削減にあると考えています。

通常、信用金庫は口座開設など、地元の方を対象としており、窓口の営業時間内に出向く必要がありました。しかし、どんなに高金利の定期預金だとしても、交通費をかけてまで口座開設に行くことなど、ありえません。

信用金庫全般が顧客を地域限定にしているのが現状の中、大阪シティ信用金庫夢ふくらむ支店の場合、日本国内に住所がある満20歳以上の個人なら口座開設や定期預金の申込も電話で出来ます。電話もフリータイヤルを使えば料金がかからないので、安心です。

デメリットとしては、定期預金専門の支店のため、公共料金などの口座振替はできないこと、給与振込、年金の受取はできないこと、マル優の取扱いもできないことなど、一般の金融機関の口座とは違う点です。

そして、営業時間が平日9時~17時までのため、営業時間内に問い合わせの電話連絡する必要があることです。日中お仕事をしている方は昼休みを活用するなど、少々工夫する必要がありますね。

以上、大阪シティ信用金庫の夢ふくらむ支店の「夢プレミアム」は素晴らしい定期預金なので、貯蓄専用として活用することをおすすめします。