永和信用金庫のキャンペーン利用で高金利を手にする

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>永和信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

永和信用金庫は、キャンペーンを利用して高金利を狙うのが吉

永和信用金庫は、定期預金のキャンペーンを不定期で開催する事が多いです。しかも、毎度のことながら、非常に高い金利を提示してきます。地方の信用金庫ながら、預金者にとって素晴らしく嬉しい金融機関ですね。

永和信用金庫


本ページでは、そんな素晴らしい永和信用金庫の定期預金とキャンペーンを、以下の項目に分けて、順々にご紹介と解説をしています。関心がある部分をクリックして頂いて、しっかりと資産を増やしていってください。

永和信用金庫のウィンターキャンペーンの最高金利は0.3%
定期預金「ハイ・ブリッジ」がスタート、かなりの高金利です
年に1度の懸賞金付定期預金「えべっさん」の募集も開始
シニア層向けの3つの定期預金にメリットあり
永和信用金庫の弱点、高い振込手数料を完全回避で無料にする方法
その他の大阪府の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

永和信用金庫の公式HP



永和信用金庫のウィンターキャンペーンの最高金利は0.3%

永和信用金庫のウィンターキャンペーンの募集が始まりました。1年物は0.25%、3年物で0.3%と高金利となっています。大阪地域は高金利の定期預金が多数あり、選び放題で羨ましい限りです。

永和信用金庫ウィンターキャンペーン


金利0.25%(1年物)、0.3%(3年物)
預入金額:10万円以上1000万円未満
募集期間:2020年1月31日まで


永和信用金庫のウィンターキャンペーンで受け取れる利息を計算してみます。比較として、関西みらい銀行と比べてみましょう。カッコ内は税引き後の数字となります。

金額 関西みらい銀行:0.01% 永和信用金庫:0.3%
 100万円 300円(239円) 9000円(7171円)
300万円 900円(717円) 27000円(21514円)
500万円 1500円(1195円) 45000円(35858円)


関西みらい銀行と比較してみると、明らかに永和信用金庫がお得だと言うことが分かりますね。銀行の規模や知名度で定期預金を選んではいけないことを実感します。

永和信用金庫では、最大で店頭金利+0.4%の上乗せとなる「ハイ・ブリッジ」定期預金も用意されています(次の項を参照)。対象の人は「ハイ・ブリッジ」を活用する方法もあります。

なお、この地域で0.3%以上の金利のキャンペーンを実施している金融機関は、大阪厚生信用金庫枚方信用金庫大阪商工信用金庫大阪協栄信用組合ミレ信用組合大同信用組合がありますので、比べながら検討してください。

定期預金「ハイ・ブリッジ」がスタート、かなりの高金利です

定期預金ハイ・ブリッジの取り扱いが始まっています。永和信用金庫の利用でポイントが貯まり、そのポイントによって金利が増減する仕組みです。

定期預金「ハイ・ブリッジ」


対象商品:スーパー定期預金
預入金額:10万円以上1000万円未満
預入期間:1年・2年・3年・4年・5年
対象:個人
その他:自動継続の取扱が可能で、ずっと優遇金利が適用されます。

ランク ポイント値 優遇金利
Aランク 120ポイント以上 0.40%
Bランク 100ポイント以上 0.35%
Cランク 80ポイント以上 0.30%
Dランク 60ポイント以上 0.25%
Eランク 40ポイント以上 0.20%


ポイント値としては、40ポイント以上が必要になり、最高ランクのAにするには120ポイント以上が必要となります。


例)ローンは利用しないで、120ポイントにする一例

・定期性預金残高が200万円以上・・・・20ポイント
・流動性預金平均残高が100万円以上・・・20ポイント
・総預金平均残高が300万円以上・・・30ポイント
・給与・賞与の受取実績が10万円以上・・・20ポイント
・5大公共料金自動振替口座の開設3件以上・・・15ポイント
・税金自動振替口座開設・・・5ポイント
・ホームバンクング、インターネットバンキング契約・・・10ポイント

定期預金「ハイ・ブリッジ」の獲得ポイント


上の例の様に、給与振込等の条件をクリアする必要がありますから、永和信用金庫をメインバンクで活用する必要がありそうです。 お近くに店舗があり、メインバンクとして検討している人は、活用しても良いと思います。

なぜなら、年0.40%は全国でも高金利であり、預入期間の最長が5年物まで用意しており、 資金に余裕のある人ならば、願ったり叶ったりの、使い出のある定期預金です。

ポイントを獲得するには、様々な条件をクリアする必要がありますが、1年から5年ものまで、自身の都合の良い期間を選ぶ事ができ、高金利で定期預金にできるのは魅力だと思います。

定期預金を選ぶ基本は「高金利・長期」です。が、全国のキャンペーンを見るとそのほとんどが、1年物に留まっており、残念で仕方ありません。永和信用金庫は本当に素晴らしいですね。



具体的に永和信用金庫で受け取れる利息はこのくらい


では、永和信用金庫の定期預金「ハイ・ブリッジ」でお金を預けた場合、具体的にあなたはどのくらいの利息を受け取る事ができるのか、関西みらい銀行のスーパー定期預金と比較して、チェックしてみます。あまりの利息の違いに、腰を抜かすほどです。

預入金額 近畿大阪銀行の金利 永和信用金庫の金利
5年・0.01% 5年・0.4%
(120ポイント以上)
5年・0.20%
(40ポイント以上)
200万円 1000円
(794円)
40000円
(31873円)
20000円
(15936円)
500万円 2500円
(1992円)
100000円
(79685円)
50000円
(39842円)
1000万円 5000円
(3984円)
200000円
(159370円)
100000円
(79685円)
(カッコ内は、税引き後の受け取り利息です)


何も考えずに漫然と預け入れる人と、しっかりと考えて永和信用金庫のようなところに預ける人の差は、信じられないくらいに大きいです。この繰り返しが、将来の貯蓄高の違いになってきます。今のような時代だからこそ、銀行選びは極めて重要なのです。



年に1度の懸賞金付定期預金「えべっさん」の募集も開始

毎年、年末の恒例の懸賞金付定期預金「えべっさん」の募集が行われています。懸賞総額は3750万円です。10万円で1本の懸賞抽選番号がもらえます。 とは言え、預け入れの金利は0.01%と何ら上乗せは適用されておらず、完全に運を天に任せる定期預金となります。

よほど年末の楽しみに飢えている人であれば利用しても良いでしょうが、個人的には、元から高金利の定期預金を利用して、確実に高額の利息を手に入れるほうが良いと思いますね。




金利0.01%
預入金額:1口10万円以上1000万円未満
対象:個人
募集期間:2019年12月2日から2020年1月31日
懸賞抽選権:10万円で1本の懸賞抽選番号
抽選予定日:2020年9月10日


懸賞金の内訳として、えびす賞は100000円☓75本、繁盛賞が20000円☓300本 祥福賞が5000円☓7500本となります。えびす賞が当たった場合の還元率は100%、繁盛賞の場合は20%、祥福賞の場合は5%となり、いずれも高い還元率ですから、当選すれば嬉しいですね。

適用金利は店頭金利の0.01%の低金利ですから、金利は度外視し、懸賞金に夢を託す定期預金となります。当サイトでは懸賞金付き定期預金をランキングにして解説していますので、興味のある人はチェックしてみてください。

シニア層向けの3つの定期預金にメリットあり

シニア層には嬉しい「プラス金利定期預」募集


公的年金を受け取る人向けに、永和信用金庫では以下の3つのキャンペーンを用意しています。それぞれ、個別に見ていきます。



種類 金利 預入期間 限度額 対象
華麗 店頭金利+0.425% 1年 1500万円 60歳以上
福禄 店頭金利+0.3% 1年 500万円 65歳以上
輝寿 店頭金利+0.3% 1年 500万円 公的年金受取を予約する55歳以上65歳未満の人



60歳以上が対象の「華麗」定期預金の募集開始


60歳以上の人を対象とした「華麗」定期預金は、高金利でオススメです。以下、預入金額に応じて受け取れる利息の額となります。カッコは税引き後となります。

預入金額 受取利息
100万円 4260円(3394円)
300万円 12780円(10183円)
500万円 21300円(16972円)
1000万円 42600円(33945円)
1500万円 63900円(50918円)


この地域では、他に大阪厚生信用金庫の年金定期預金「さわやか定期預金」が1年物で0.425%、2年物で0.450%の金利であり、預け入れ限度額が2000万円までとなっています。また、満期日には自動継続で募集をしています。

一方、「華麗」定期預金の場合、1年物0.426%のみで、預け入れ限度額は1500万円、優遇金利は初回の満期日までと掲載されており、継続の際の取り扱いが不明なので問い合わせをしたところ、満期日に窓口で書き換えをすれば、その時の「華麗定期預金で継続」できるそうです。

そして、預け入れ限度額に関しては、何処の銀行でも預金保険制度の対象は1000万円までですから、1000万円以上を預け入れる場合は、万が一銀行が倒産してしまった場合は戻ってこないので注意が必要です。

預け入れ期間に余裕のある人は、2年物の取扱いがあり、「歳をとるとお金の管理は面倒」と感じるならば、自動継続ができる大阪厚生信用金庫の方がメリットが高そうです。



公的年金の指定いらずで利用できる「福禄」定期預金はメリットがある


大半のシニア層の優遇定期預金は、公的年金の受取口座にすることを条件としているのですが、「福禄」定期預金は、65歳以上の人ならば誰でも活用できるのはメリットがあります

実は、知り合いで自営業をしていた人が居ました。若い時は収入があり、生活も良かったのですが、歳をとるにつれて病気になって働くことが困難な状況で、なんと国民年金の支払いもしていなかったらしく、無年金となって生活をするのが本当に大変そうでした。

その人には子供がいたので、生活の大半を子供達で面倒をみることになったのです。若い時に贅沢三昧で暮らしてしまい、老後のことを何も考えずに高齢になると、そのしわ寄せは、子供に来ます。大きな迷惑となってしまう事例です。

年金問題が騒がれている時代ですが、真っ当に年金を払っている人が、将来的に支給が0円ということはほぼ考えづらいので、まずは年金の支払いをすることが最低限の「保障」ではないかと思います。

そして、少しでも有利な定期預金を選びお金を増やすことは、自分の老後の生活の質にも大きく関わってくることだと思います。 本定期預金はシニア層の人は活用する価値がある定期預金です。



公的年金受取口座予約の人向けの「輝寿」定期預金


「輝寿」は、55歳以上65歳未満の人で公的年金の受取口座を永和信用金庫で予約できる人の定期預金です。 店頭金利+0.3%は高金利となるので、対象の人は検討する価値がありそうです。受取利息の計算は上記の「福禄」と同じになります。

シニア層向けの定期預金の紹介をしていますが、55歳から65歳はまだまだ現役世代となり、今は定年を70歳まで上げている会社も多くあります。健康で働けるうちに老後の備えを考え、しっかりと高金利な定期預金を選びましょう。

永和信用金庫の弱点、高い振込手数料を完全回避で無料にする方法

定期預金金利は高いのですが、同じように振込手数料が高いのは、永和信用金庫の唯一にして最大の欠点です。下記が、永和信用金庫の振込手数料です。

永和信用金庫の振込手数料


たとえばインターネットバンキングを活用してでも、預け入れた定期預金を回収するのに、必ず440円もかかってしまったのでは、何のために高金利定期を探して預け入れたのか、その努力が水泡に帰してしまいます

したがって、永和信用金庫を使うには、定期預金金利を100%我が物にして手数料を完全無料にする裏技を絶対に使わなければ意味がありません。

高金利の定期預金を徹底活用するには、振込手数料が無料の銀行と上記の裏技をセットにするのがコツです。どなたも一切のリスクなく、高金利の定期預金で心乱されることなく、安心安全に貯金を殖やしてゆくことができます。

その他の大阪府の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

大阪府の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

これとは別にネット専業銀行はこちらをご覧ください。

金融機関 半年 1年 3年 5年
関西みらい銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
池田泉州銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
大正銀行
0.085% 0.16% 0.16% 0.16%
キャンペーンバナー
大阪信用金庫
0.01% 0.2% 0.2% 0.01%
北おおさか信用金庫 0.015% 0.015% 0.015% 0.015%
大阪シティ信用金庫 0.01% 0.15% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
(大阪シティ信用金庫夢ふくらむ支店)
 - 0.2%   -  -
キャンペーンバナー
大阪厚生信用金庫
(上段は1000万未満、
下段は1000万円以上)
不明 0.325%
0.35%
0.375%
0.4%
不明
キャンペーンバナー
枚方信用金庫
0.01% 0.11% 0.13% 0.18%
キャンペーンバナー
(枚方信金インターネットバンキング)
0.11% 0.16% 0.31% 0.01%
キャンペーンバナー
大阪商工信用金庫
不明 0.25% 0.3% 0.3%
キャンペーンバナー
永和信用金庫
不明 0.25% 0.3% 不明
キャンペーンバナー
大阪協栄信用組合
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
- 0.05%
0.25%
0.45%
0.1%
0.25%
0.475%
0.1%
0.25%
0.5%
キャンペーンバナー
大阪貯蓄信用組合
(300万円以上)
不明 不明 0.2% 不明
キャンペーンバナー
ミレ信用組合
0.02% 0.345% 0.35% 0.35%
キャンペーンバナー
のぞみ信用組合
- 0.2% 0.25% -
キャンペーンバナー
大同信用組合
(上段は300万以上、
下段は1000万円以上)
- 0.2%
0.3%
0.3%
0.4%
0.39%
0.48%
キャンペーンバナー
近畿産業信用組合
0.05% 0.2% 0.2% 0.2%
成協信用組合 不明 不明 不明 不明