西武信用金庫の各種の定期預金についての管理人の見解

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>西武信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

西武信用金庫の各種定期預金を徹底的に評価してみる


金利優遇定期預金は全く使えない

金利優遇定期預金がスタートしたものの・・ 「マイナス金利政策の中、優遇金利の定期預金を期間限定で用意しました」と掲載されていますが・・ 「これ、キヤンペーン??」「金利のゼロが間違ってない?」 と裏切られたというのか、妙な気持ちでいっぱいです・苦笑。

0.1%にも満たない定期預金を「金利優遇定期預金」と言っていいのでしようか??  こちら、利用する価値なく、残念としか言えません。


金利及び預入期間
西武信用金庫の金利優遇定期預金の金利


対象:個人と法人で新規契約、または既存契約中の定期預金に5割以上増額で書替えの場合
預入金額:20万円以上3000万円以内(1円単位)


西武信用金庫などを使うのであれば、同じ東京都内のSBJ銀行あおぞら銀行を使うほうがよっぽどマシですね。西武信用金庫は不動産融資に非常に積極的な金融機関なので、貯金をするのではなく、不動産投資の際に使うべき場所だと思います。

西武信用金庫のウェブページ





リタイア世代向けの定期預金はこの2種類

個人専用退職金専用定期預金


金利と預け入れ金額、及び受取利息は以下の通りとなります。カッコ内の数字は、税引き後の利息。

預入金額 預入期間 適用金利 受け取り利息
100万円 6ケ月 年0.50% 2500円(1992円)
300万円 7500円(5976円)
500万円 12500円(9960円)
1000万円 25000円(19921円)
1500万円 年0.60% 45000円(35858円)
2000万円 60000円(47811円)
3000万円 90000円(71716円)


対象は、下記全てを満たす人になります。

・個人(退職金を受取した人)
・申込時点で、西武信用金庫の口座に預金者本人の退職金を入金した人
・退職金受取から、原則1年以内の申込
・退職金の受取日がわかる書類、退職金の受取額を証明できる書類を提示した人
・営業区域内に居住または勤めている人



1000万円以上の場合は年0.60%金利が魅力的になりますが、預金保険制度の対象外となり、銀行が破綻しても元本が保護されませんので注意が必要です。退職金という用途の定期預金なので1000万円以上の人もいると思います。上記の受取利息をご覧頂くと、けっこうな額の利息となり、驚きですね。

全てを西武信用金庫に託すのはリスクがありますので、1000万円を超過するならば、SBJ銀行あおぞら銀行などの高金利の銀行を併用するのがベターです。



個人専用年金定期預金よろこび


金利

預入金額 100万円まで 100万円超1000万円以下
金利 店頭金利+年0.3% 店頭金利+年0.10%


・預入期間:1年
対象:西武信用金庫で公的年金を受取の人、年金受取の手続きをしれた人
預入限度額:1000万円まで


年金定期預金として店頭金利+年0.3%は高金利になりますが、100万円までと上限金額があるのが非常に残念です。100万円以上の店頭金利+年0.10%では、積極的に活用したい金利とは言えません。

未来預金、確かに年利1%の預金は魅力的だが

年1%で運用してくれるという定期預金を、発見しました。その名も「未来預金」。

ただし、相続資金限定ですので、誰でも預金できる訳ではありません。

友人で、1000万円を相続した人がいます。その使い道は、「学費に消える」と言っていました。「1000万円くらい相続しても足りない」、何とも羨ましいつぶやきをしていました。

別の知人は土地を相続し、その土地を半分売却し、残りでアパート経営をはじめていました。 友人知人が言っていた言葉は、「ある日突然だった、相続など具体的に考えてなかった」。 億単位の遺産だけでなく、数百万円~数千万円の相続は、誰の身にも起こりうる出来事です。

いちばん相続で揉めるのも、1000万円以下という統計もあります。現金や預金を相続するのではなく、不動産のようにすぐに分割するのが難しく、売りたい値段で売却できないケースもあるようです。

このように、相続と聞くと資産が貰えると思うでしょうがが、負の側面も引き継ぐことになるので、注意が必要です。(ま、もらえるという事ですから、明らかにプラスの側面のほうが大きいですが)



未来預金の概要


●西武信用金庫、または他金融機関での相続手続きにより取得した資産を原資に預入できる個人
(相続手続き完了後、1年以内に取得した資産・不動産や株式の換金代金も可。営業エリア内に居住か、勤務の人が対象)

●期間→6ヶ月(自動継続後は店頭金利適用)
●預入金額→100万円以上
●払い戻し方法→満期日以降に一括して払い戻し
●適用金利→ 年1.00%


営業区域は、東京都中野区、千代田区、港区、中央区、新宿区、豊島区、渋谷区、目黒区、杉並区、 練馬区、武蔵野市、三鷹市、調布市、府中市、西東京市、東久留米市、小平市、東村山市、 国分寺市、東大和市、立川市、町田市、武蔵村山市」、昭島市、八王子市、福生市、あきる野市、羽村市、青梅市、瑞穂町、日の出町、所沢市、入間市、相模原市



ただし、高い金利につられて過ぎてはいけない


この未来預金、葬儀等で慌ただしく時間が過ぎていく中で、当面のお金を置いておくにはぴったりの預け先ではないかと考え、お伝しています。6ヶ月と短期ながら1%で運用ですから、仮に1000万円預けた場合、5万円の利息となります。

ただ、こちらの定期預金には 「まずは6ヶ月、大切な資産をお預けいただき、じっくり資産運用について考えてみませんか?」の説明文が見受けられます。これを読んで、ちょっと嫌悪感を抱いてしまいました。




20代~50代の一般のサラリーマンは、住宅ローンや教育費などのお金が必要な世代であり、普段は日々節約に励んでいる人が大半でしょう。多忙ゆえにお金の教養を身に付けていないような人が、急に大金を相続することになった場合、そのお金の扱い方に困る現実があります。

そんな人たちに、金融機関は狙いを定めているんですね。窓口の人は往々にして、手数料の高い金融商品を勧めます。西部信用金庫で取り扱う投資信託は、下記のような、ボッタクリ投資信託ばかりのラインナップです。
http://thp.qmues.com/mrhp/sika/docs/g02/g02Index.do


「しんきんインディクスファンド225」に関しては、販売手数料無料で信託報酬0.864%ですから、まずまずの投資信託と考えますが、他はコスト高の投資信託しか取扱いがありません。というか、おそらく上記を見ても、何が悪いのか全く分からない人ばかりだと思います。

そのような人たちは明らかに、西武信用金庫の良いカモになりますから、あらかじめ当サイトの姉妹サイトである、投資信託の虎、あるいはこんな高額の投資信託はダメのコーナーを熟読していただき、どうか銀行の良いエサにならないように気を付けましょう。

元本が割れるかもしれないリスク資産に関しては、窓口の人に相談する前に、書籍等で情報収集し、何が自分に合うのかを検討する必要があります。窓口の方がベストな資産運用方法を提示してくれることはほとんどありませんので、ご注意を。

1%の金利は非常に魅力的なので、「未来預金」に預け入れる事には賛成ですが、その後の資産運用には注意が必要です。もしもどうしても「この商品は良いのか悪いのか判断付かない」と感じたならば、当サイトの相談コーナーにでもご質問くださいね。

ま、半年で満期を迎えた後に、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を利用して一切のコストをかけずに、その時々で一番定期預金金利の高い銀行に資産を移すのが、一番良いのではないでしょうか?

その他の東京都の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

東京都の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。一般の銀行とネット銀行を掲載しています。


●一般の銀行(ネット専業銀行はその下に記載)
半年 1年 3年 5年
三菱UFJ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
りそな銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
きらぼし銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
東日本銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(東日本銀行お江戸日本橋支店) 0.02% 0.03% 0.02% 0.02%
東京スター銀行
(上段は100万未満、
下段は100万円以上)
0.1%
0.1%
0.025%
0.03%
0.025%
0.03%
0.025%
0.025%
キャンペーンバナー
SBJ銀行
(上段は100万まで、
下段は100万円超)
0.1%
(1週間)
0.4% 0.45%
(2年)
0.25%
0.1%
(1週間)
0.15% 0.35% 0.25%
キャンペーンバナー
新生銀行
0.3%
(3か月)
0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
あおぞら銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
キャンペーンバナー
三菱UFJ信託銀行
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
三井住友信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
みずほ信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
野村信託銀行 0.06% 0.1% 0.1% -
SMBC信託銀行 0.01% 0.01% 0.01% -
キャンペーンバナー
KEBハナ銀行
(上段は300万まで、中段は
300万以上、下段は1000万円以上)
0.03%
0.04%
0.05%
0.07%
0.12%
0.20%
- -
キャンペーンバナー
芝信用金庫
0.01% 0.16% 0.01% 0.01%
東京シティ信用金庫 不明 0.03% 不明 不明
西武信用金庫
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.01% 0.01% 0.025% 0.035%
0.045%
キャンペーンバナー
小松川信用金庫
0.01% 0.01% 0.21% 0.21%
朝日信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
(朝日信用金庫インターネット)
(上段は300万未満、
下段は300万円以上)
0.035%
0.05%
0.035%
0.05%
- -
キャンペーンバナー
朝日信用金庫東京下町ネット支店
- 0.1% - -
城南信用金庫 0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
キャンペーンバナー
ハナ信用組合
- 0.3% 0.7% -
キャンペーンバナー
あすか信用組合
- 0.25% 0.3%
(2年)
-
東京消防信用組合 0.015% 0.015% 0.015% 0.015%

ネット専業銀行
半年 1年 3年 5年
住信SBIネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
ソニー銀行 0.05% 0.05% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
GMOあおぞらネット銀行
0.15% 0.2% 0.15% 0.15%
1年物はキャンペーン金利、それ以外は証券コネクト口座の金利。
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.1% 0.12% 0.1% 0.1%
1年物以外は、楽天マネーブリッジの金利です。
キャンペーンバナー
イオン銀行
最大0.12%
年会費無料のクレジットカード、イオンカードセレクト会員限定の普通預金金利。ステージにより金利が変動します。
イオンカード入会などで6000円分のプレゼント実施中
セブン銀行 0.015% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
じぶん銀行
0.03% 0.15% 0.03% 0.03%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
大和ネクスト銀行 0.1% 0.1% 0.1% 0.1%
ローソン銀行 0.03% 0.03% 0.03% 0.03%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.08% 0.1% 0.15% 0.15%
100万円からの預け入れになります。