SMBC信託銀行は、定期預金をはじめとして、使えるサービスは皆無

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>SMBC信託銀行


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

SMBC信託銀行・・・うーん、ボッタクリ系商品も目立つな


SMBC信託銀行は、豊富な資金を持っている人のための銀行

SMBC信託銀行の提供するサービスは、庶民向けというよりも富裕層向けの傾向が非常に強いです。 同じ証券系の信託銀行のうち、野村信託銀行は自社グループの顧客を囲い込む色合いが強いのですが、SMBC信託銀行はどうなのででしょうか?

⇒参考:信託銀行と銀行の違い

SMBC信託銀行


SMBC信託銀行の公式HP



SMBC信託銀行の定期預金は、キャンペーンを利用しても魅力的ではない

SMBC信託銀行の提供する定期預金の金利は、資金を託そうとは思えない水準です。メガバンクの一つである三井住友銀行が金利を0.001%に下げて世間を驚かせていますが、仮にSMBC信託銀行を使うとしても、利息はスズメの涙です。(SMBC信託銀行も三井住友銀行も、同じSMBCグループですから、当然と言えば当然ですね)

預入金額 半年 1年 3年 5年
10万円未満 0.01% 0.01% 0.01% -

SMBC信託銀行の定期預金キャンペーン
夏や冬のボーナス時期になると、現金がプレゼントされるキャンペーンも展開するようです。100万円毎に5000円のプレゼントになり、1000万円預け入れると、5万円がゲットできます。

ただし、現金が貰えるから低金利でもお得だと考えるのは、早計です。上記の金利水準の利息に加えて現金が貰えたとしても、当サイトでご紹介している高金利な銀行を活用した方がお得です。

試しに、常に魅力的な金利を提供するSBJ銀行に定期預金を預けた場合と、比較してみましょう。現金プレゼントも考慮した結果は、以下のようになります。


(上段は税込みの受け取り利息、下段のカッコ内は税抜きの受取金額です)
預入金額 SMBC信託銀行の通常金利:
0.01% 3年の受け取り利息
SBJ銀行で金利0.45%で受け取る場合
利息 キャンペーン 合計
100万円 300円
(239円)
5000円 5300円
(5239円)
13,500円
(10,757円)
300万円 900円
(717円)
15000円 15900円
(15717円)
40,500円
(32,272円)
500万円 1500円
(1195円)
25000円 26,500円
(26,195円)
67,500円
(53,787円)


瞬間的に現金がもらえてお得に見えますが、高金利の銀行に預け入れ続けた方が、複利効果も含めてお得度が倍増です。上記の比較結果だと、4万円も、手に入るお金が増えることになります。

外貨預金「エンジョイプラス」に手を出すと痛い目に合う可能性が高い

マイナス金利のせいで、日本円での定期預金では、お金が貯まらないと思われる風潮が広がっている事をいいことに、リスクの高い外貨預金の販売がまたぞろ注目を集めているようです。ですが、営業マンなどの言葉を簡単に信じてはいけません。

SMBC信託銀行の外貨預金「エンジョイプラス」


外貨預金の場合、いくら金利が高くても、その金利を打ち消すように円高になりますから、長期的には日本円で預金した場合と、期待されるリターンは変わらない事になります。外貨預金などは端的に言うと欠陥商品ですから、こんなところにお金を入れて、長い時間固定しないようにしましょう。

⇒参考:為替取引とは?|投資信託の分配金に騙されるな

儲かりそうに見える投資信託に騙されてはならない

信託銀行は、定期預金やだけでなく、手っ取り早く確実に儲かる、投資信託の販売に力を入れています。下記のような、資産を持っている人を狙い撃ちにしたサービスを、各種提供しています。これらの商品が本当にお得なのかを、下記の通りチェックしてみましたので参考にして下さい。

⇒参考:プレミアム・ファンズ ウェルス・コアポートフォリオ(米ドル建て)

レミアム・ファンズ ウェルス・コアポートフォリオ コンサバティブ型(米ドル建て)/グロース型(米ドル建て)


なお、SMBC信託銀行の提供する金融商品、あるいは定期預金やお金全般で、管理人に何か質問して意見を聞いてみたいという人がおられたら、貯金を貯めたい人のQ&Aコーナーにて、気軽に質問してください。

あなたとも金融機関とも、何の利害関係も無い管理人が、単刀直入にその金融商品がマトモなのかどうかを、ぶった切りますので・笑。